”Le petit nid” はフランス語で
「小さな鳥の巣」という意味です

■■■営業時間■■■ 
8:00〜15:00
朝ごはん8:00〜11:00


■■■定休日■■■
木曜日,金曜日


■■■電話番号■■■
0267-48-3334

■■■ホームページ■■■
http://www.cafe-lepetitnid.jp/
http://lepetitnid.thebase.in/


■■■住所■■■
〒389-0113 
長野県北佐久郡軽井沢町
大字発地 1398-457

■■■アクセス■■■
上越自動車道
→碓氷軽井沢軽井沢I.Cより約10分
JR長野新幹線・しなの鉄道
→軽井沢駅より車で約5分


Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>



qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
フレンチドッグ

 現在、店でお出ししているメニューは軽井沢で初めて手がけたものと、
東京の店の時にもお出ししていたものとがあります。
ホットケーキ、たまごサンド、キーマカレー、珈琲の自家焙煎、
ペーパードリップで淹れる珈琲、エスプレッソマシンを使ったカフェラテ
などは軽井沢で初めて手がけたもので、目白の店をやめ、軽井沢の店を
オープンするまでの約一年の間に覚えたものです。
 (焙煎だけは三年ほどかかりました)

ミートローフサンド、フレンチトースト、フレンチドッグなどは時期は
まちまちですが、東京の時にお出ししていたメニューです。
この内フレンチドッグは早稲田の店をオープンして、2〜3年たってから
お出ししていたもので30年以上も前のことになります。
当時はバイクで店から夏目坂を登って、女子医大のそばのパン屋さんで
パンを買い、新宿伊勢丹の地下の食料品売り場まであらびきソーセージを
買いに行っていました。

軽井沢を始めるにあたってこの時の「フレンチドッグ」と同じものを再現しようと思い
材料を探しました。
まず、パンですが普通のホットドッグの柔らかいパンではなく、皮がパリッとしていて
コシのあるもの、かといってフランスパンだと固すぎるので、その中間のものを
探しました。軽井沢もパン屋さんは多いのですが、なかなか見つからず、
範囲を広げネットも利用して、やっとのことで見つけました。
「ソフトフランスパン」という名称でした。食べてみると当時使っていたものと
とても似ていたので、パンはこれで決まりでした。



次はソーセージですが、これも色々食べてみたのですが、ピッタリのものが
なかなか見つかりませんでした。
そんな時たまたま、昔、学生の頃店でアルバイトをしていたH君が
仕事でソーセージを扱っていることが分かり、2種類あるというので
両方味見をしたところ、片方が味もサイズもピッタリだったので
彼の所で頼むことにしました。



次は上に載せるチーズです。
早稲田店の時はゴーダ、モツァレラ、サムソーという3種類のチーズ
を固まりで買って、それを細かく切ってブレンドして使っていました。
今回はモツァレラチーズのシュレッドタイプを使うことにし、
味見をしました。とてもおいしかったのですが、少し上品すぎて
物足りない感じだったので、別のゴーダやマリボーなど4種類
のミックスチーズと更にブレンドして使うことにしました。



最後にマスタードですが、これは当時使っていたものと同じ
マイユの種入りマスタードです。



<作り方>
まず、パンに縦に切れ目を入れ、バター、マスタードを塗り、
温めたソーセージを挟み、上にチーズをのせ、トースターで
焼き、半分に切り、ピクルスを添えて、ハイ、出来上がりです。



「お待たせ致しました。どうぞお召し上がりください」

朝食  フレンチドッグ+お飲み物          700円 (8:00〜11:00)
ランチ フレンチドッグ+お飲み物+サラダ又はスープ 850円 (11:00〜17:00)

| メニューいろいろ | 10:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 10:39 | - | - |









http://lepetitnid.jugem.jp/trackback/1601